ニッケルめっき

nickel01

  ニッケルめっきは、各種の下地めっきとして、装飾品から電子部品にいたるまで、幅広い分野で用いられています。現在、最も一般的に用いられているのは、ワットによって開発されたワット浴で、添加剤の種類によって、無光沢、半光沢、光沢浴があります。

  電気を使用しないでめっきする無電解ニッケルめっき処理にも対応しておりますので、膜厚を均一にすることができるため複雑な形状や精度が要求される製品などの試作加工も可能です。無電解ニッケルめっきの用途としては、化学機械工業、電気電子工業、自動車工業、精密機器工業などに利用されています。
nickel01-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る